近年、日本では大企業による多くの不祥事が話題となったが、3月には年金データの入力を委託した東京都内の情報処理会社が、契約に反して受給者約500万人分のデータ入力を中国・大連の業者に再委託していたことが問題となった。これをうけて中国メディアの今日頭条は29日、たびたび生じる不祥事に「日本企業の神話はどうしたのか」と題する記事を掲載した。

 中国ではこれまで、日本の匠の精神を称賛する風潮があ・・・・

続きを読む