桜が満開になったというニュースを耳にする季節となった。中国でも日本の桜についての報道が増えており、花見をするために訪日する中国人も増えてきている。しかし、日本を訪れる際にはルールやマナーの違いに注意しなければならないだろう。中国メディアの今日頭条は28日、「日本を訪れた際に中国人が犯してしまいがちな過ち」を論じる記事を掲載し、日中の文化や習慣の違いについて紹介している。

 記事はまず、日本と中国は同じアジアの国だが生活習慣や文化には大きな違いがあり、日本を訪れた中国人が「日本の文化に反する行動」を取れば、周りの日本人から白い目で見られるばかりか日本人の外国人に対する反感を掻き立ててしまうと指摘し、どの国を訪れるにしても「前もって渡航先の文化や習慣についてある程度理解しておくことが重要」とし、それによって不必要な摩擦を避けることができるとした。

 では、中国人観光客が日本で行ってしまいがちな間違いにはどのようなものがあるのだろうか。記事は、「温泉」には体をきれいに洗ってから浸かることや、湯船にタオルを入れないこと、さらに刺青のある人は入ることができないことを紹介している。さらに、「レストラン」には外から食べ物を持ち込んではいけないことや、予約のキャンセル料を徴収されることがあることを紹介している。「料金の支払い」の際にはレジ前のトレーに現金やカードを置き、チップは必要ではないこと、さらに受け取った紙幣が偽札であるか確認する必要は全くないことを紹介した。

 他にも記事は、「歩きタバコ」をしてはいけないことや、「電車内での通話」はしてはいけないことなどを紹介し、結論として、些細なことだが旅行者の側が気をつけることによって楽しい旅行にすることができると結んでいる。

 日中は隣同士の国ではあるが文化や習慣には差がある。その違いを含めて旅行を楽しみたいものだ。逆に中国を訪れる際には、事前に中国の文化や習慣について学んでおけば、日本人もより楽しい旅行ができることだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)