中国メディア・東方網は28日、「少年強ければ国強し、日本の小学校教育には冷や汗が出る」とする記事を掲載した。

 記事は、「少年強ければすなわち国強し(少年強則国強)」という清朝末期の政治家・梁啓超の言葉を引用したうえで、「資源に乏しく、国土の狭い日本が世界一流の強国になったのは、日本の教育と関係がある。詰め込み式であるわれわれの教育とは異なり、日本では小学校から体験型の教育に取り組み始め・・・・

続きを読む