中国メディア・海外網は27日、「中国人観光客がやっぱり戻って来ない! 韓国メディアが唐詩でその心境を表現」とする記事を掲載した。

 記事は、韓国メディアが、「冬はすでに過ぎ去ったのに、韓国を訪れる中国人観光客の減少はいまだに続いている。中国人観光客を大きな収入源と見ている免税店などの観光業界にとっては、寒風が頬を叩くどころの話ではない」とし、唐代の東方虬(とうほうきゅう)による唐詩「昭君怨」の「春来不似春」(春来たれども、春に似ず)という一節を用いて現状を形容したと伝えた。

 韓国観光公社などが25日に発表したデータによれば、今年2月に韓国を訪れた中国人観光客数は・・・・

続きを読む