日本と中国では似て非なる所が少なからずある。「バス・トイレ」はそのうちの典型的な例と言えるだろう。中国メディアの今日頭条は25日、「なぜ日本はトイレが1つだけなのに、中国は2つあっても足りないのか」と題して、日中のバス・トイレの違いについて分析する記事を掲載した。

 中国では、マイホームを購入しても内装は別途自分で手配しなければならないが、バス・トイレをどのように設計するかは、多くの人にとって重要な問題だ。設計次第で生活の便利さや品質が左右されるからだ。

 記事は、その理由について「トイレは家族全員の使用頻度が最も高い場所だからだ」と指摘。特に、朝晩の「ピーク時」には大変なことになるのだとした。これは日本でも同様と言えるが、日本と中国で大きく異なるのは、中国ではバス、トイレ、洗面所が区別されておらず「すべて一緒」ということだ。

 しかし、日本ではバス、トイレ、洗面所が別個になっているため、例えば朝のピーク時でも中国のように1人が占領して他の人が使えないということが起きない。しかも、日本ではこれに加えて「洗濯室」もあって洗濯機が置かれていると記事は紹介。「このような設計は生活の質をずっと向上させることができる」とした。

 では、なぜ中国では日本のような設計があまり採用されないのだろうか。記事は「日本には日本に合ったやり方があり、中国式にはその利点もあるという人もいる」としつつも、「スタイルの違いはあっても良いが、中国の古典的なバス・トイレは非科学的で細菌も発生しやすいスタイルで恥ずかしい限りだ」と主張。世界でも多くの国が日本の方法に倣っており、日本から学ぶことは何も恥ずかしいことではないと論じた。

 確かに、中国式のバス・トイレは1人がトイレを使用すると、洗面所を使いたいと思う他の人も使用できず、なかなか不便だ。シャワールームを仕切る場合もあるが、そうでないとシャワーを浴びるたびに便器がびしょびしょになるという不便さもある。やはり日本式の方が便利で衛生的だと言えるのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)