インターネットでは情報が氾濫し、何でもすぐに必要な情報が手に入る時代になったが、やはり体験してみて初めて分かるということも少なくないようだ。中国メディアの今日頭条は19日、訪日して初めて日本の生活の細部に驚いたという中国人観光客による記事を掲載した。

 記事によると、日本人と中国人とでは国の発展の度合いを測る場所が違うという。中国では往々にして建物の高さや道の広さでその国や都市の発展を測る傾向にあるが、この中国人筆者は日本旅行で日本がいかに発展しているかを「日常の小さなところ」に感じたとしている。こうした細部は、「実際に足を運び、体験してみないと分からない」という。
続きを読む