中国は世界最大のタバコ消費大国であり、「敬煙」という人にタバコを勧める習慣があるほどタバコを吸う人が多い。一方、日本では近年、タバコをめぐる環境が大きく変化し、喫煙者の数も減少傾向にある。

 こうした環境の違いが理由なのだろうか、中国で高級品として売られているタバコの銘柄が日本では中国より安く売られていることが中国人としては複雑な思いらしい。

 中国メディアの今日頭条・・・・

続きを読む