農作物の安定した生産は、農村や農家にとって昔も今も大きなテーマ。特に害虫や害獣との戦いは悩みの種だ。中国メディア・新華網は18日、日本の農村で「オオカミロボ」が害獣駆除の強い味方として注目を浴びているとする記事を掲載した。

 記事は、「日本のある企業が4月より、さまざまなオオカミの声を発することのできるオオカミ型ロボットを量産する。このロボットは、身長65センチ、高さ50センチ。表面は毛・・・・

続きを読む