日本のソフトパワーの代表ともいえるアニメ。中国でも日本のアニメは人気が根強いが、中国では国を挙げて国産アニメの育成に力を入れている。テレビでも日本のアニメが流れることはなくなり、代わりに中国アニメが放送されるようになった。では、中国アニメの実力はいかほどなのだろうか。中国メディアの今日頭条は14日、中国にあるアニメスタジオの創業者へのインタビュー記事を掲載した。「日本と中国のアニメの差は縮まっているのか」話を聞いたという。

 記事が紹介したのは、アニメスタジオ「上海震雷」の孫猛氏だ。孫氏によると、中国のアニメの現状は、明らかに数は増えているものの、質はまだまだだという。基礎が非常に弱い中国アニメにとって、着実に質を向上させる方法は、1本ずつ制作して経験を積むのが理想であるが、中国のアニメ業界は結果と目の前の利益ばかり追っているために質がなかなか向上しないと苦言を呈した。

 では、日本のアニメとの差はどのくらい開いているのだろうか。孫氏は、中国アニメは台頭してきていて、日本との差は縮まってきたと考える人もいるが、実際には「差は縮まるどころか、むしろ開いている」と指摘した。日本との差が縮まったと思った人は「量と結果」しか見ていないのだという。

 そして、「遅れている人が自分は追いついたと思ったら追いつけないもので、追いついていないと思ってこそ追いつく努力ができる」と論じ、引き続き日本に追いつくための努力をすべきだと主張した。

 これには、中国アニメという業界の問題に加え、人材育成にも問題があるという。日本では高校卒業後18歳からアニメの世界に入る人が多く、大卒に比べて技術を積む時間があるほか、日本は晩婚化が進み、若い時期を仕事に費やすことができるのに対し、中国の若者は大学卒業時には24歳ほどになっていて、26歳までには結婚するよう圧力がかかるため、その後になって「残酷な人生の授業を受けても遅く、技能を磨く時間も情熱も持てないという厳しい現実」があるという。

 記事は、日本アニメの質の高さを強調し、中国アニメについては謙虚な見方をしているが、日本のアニメの質も下がってきたと感じている日本のアニメファンも少なくないという指摘もある。アニメーターの仕事環境や待遇の悪さも問題となっており、日本も中国に追いつかれないよう、うかうかしてはいられないのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)