中国で連日のように放送されている抗日ドラマだが、近年は手刀で日本兵を切り裂いたり、手榴弾で戦闘機を撃ち落としたりなど、現実離れした描写が増えているとして問題視されている。

 中国共産主義青年団(共青団)の機関紙である中国青年報(電子版)は14日、こうした抗日ドラマについて「エンターテイメント化してはならない」と論じる記事を掲載した。

 記事は、中国の若い世代の人びとが・・・・

続きを読む