増加し続けている訪日中国人が、口をそろえて述べる日本の感想は「どこを見てもきれい」ということだ。ごみ箱をほとんど見かけないもかかわらず、街にごみが1つも落ちていないことには驚くというが、中国メディアの今日頭条は12日、不衛生な場所の代名詞とも言える「公共のトイレ」でさえ日本ではきれいだと紹介する記事を掲載した。なんと「水まで飲める」とその清潔さを強調している。

 記事は日本について、「国民感情としては複雑なものがある」と前置きしながら、日本はやはり学ぶべきところの多い国だと正直な感想を述べた。それは、公衆トイレでさえ「良い香り」がするからだという。日本には多くの種類のトイレ用消臭剤や芳香剤があるが、公衆トイレでは衛生面のみならず、においにまで気を配っており、これは清掃員の勤勉さの問題だけでなく「1人ひとりの衛生観念が高い」のでできていることだと感心した。

 そのうえ、どの公衆トイレも同じようにきれいであることにも感心し、日本のトイレのきれいさは「見かけだけではない」と高く評価した。これは、場所によって大きな差がある中国の公衆トイレとの違いゆえだろう。中国では習近平主席のすすめる「トイレ革命」によって、先進的できれいなトイレができている一方で、地方の小都市や田舎へ行くと、未だに汚くて臭く、ドアも無いトイレが少なからず存在している。日本のトイレが観光客の来るところだけきれいにしてうわべを取り繕っているわけではない、と感じるのも無理はない。

 記事は最後に、「信じられないことに、トイレの水が飲める」ことを紹介。浄水設備が整っているからだと説明しているように、日本では気持ちよく生活できるための仕組みが出来上がっていると言えるだろう。記事が、「日本は嫉妬するほどきれいな国」であると結論しているのも理解できる。中国は広いぶん、日本のように全国どこのトイレもきれいにするには時間がかかりそうだが、公共場所をきれいな状態に保つことは必要だ。まずは各自の意識を改革するところから始めるべきではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)