日本の小学校では給食があることが一般的だが、中国の小学校は給食制度がない場合が多く、子どもたちは昼食を取るために一度帰宅したり、近所のお店で軽食を買ったりすることが多い。

 そのため、日本の小学生たちが給食の時間に当番制のもとで配膳を行ったり、後片付けを行ったりする様子は中国人から見ると大きな驚きであると同時に、子どもであるにもかかわらず、ルールや決まりに基づいてテキパキと役割をこなす様は「中国の子どもはスタートラインの時点で負けている」と感じてしまうらしい。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国の子どもたちが交流目的で日本の小学校を訪れ、給食をともにしたこと・・・・

続きを読む