中国では都市部と農村部の発展格差が問題の1つとなっており、多くの中国人にとっても「農村部は発展から取り残された場所」というイメージが根強いようだ。それゆえ、日本の農村を見ると中国の農村とはあまりに違っているとして、中国人としては大きな驚きを感じるという。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国人にとっての農村のイメージといえば「田んぼしかない」、「交通や買い物が不便」、「子どもたちは学校すら通えない」というものだと紹介する一方で、日本の農村部は、むしろ都市部より幸せな暮らしができると伝え、同じ農村でも日本と中国では大きな違いがあると伝えている。

 記事は、中国の農村と「真逆の存在」が日本の農村であるとし、日本では都市部と農村部では「衣食住」に大きな差はなく、むしろ農村部の方が生活費は安上がりで、美味しい食べ物にも恵まれていると指摘。中国で羨望の対象である「別荘」のような戸建て住宅に住むことができ、子どもの教育についても都市部と格差はなく、学校というインフラも整備されているため、学校に通えない子どももいないのが日本であると指摘した。

 また、日本の農村部では都市部と何ら変わらない消費行動が可能であり、しかも空気のきれいさなど、環境面では農村部の方が良いとして、日本では都市部と農村部に大きな格差はないため、農村部でも幸せな暮らしができるのだと紹介、これは中国との大きな違いであると強調した。

 これに対し、中国のネットユーザーからは「都市部だろうが農村部だろうが、その土地に暮らす人びとを幸せにできるのが良い政府ということだ」、「中国人の日本に対する認識は80年前のままだが、現代の日本はどの面から見ても中国より優れている」といった声が寄せられていた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)