中国では経済発展に伴って自動車を所有する人が急増しているが、同時に自動車事故も増えていて社会問題となっている。中国メディアの快資訊は4日、自動車のシートベルト着用について「日本から学ぶに値する」と論じる記事を掲載し、中国の現状と共に紹介している。

 車を運転する人であればシートベルトを着用して運転することは当たり前のことだ。最近の自動車はシートベルトの未装着を音と表示で警告する装置が付いているが、中国では一部の人たちがシートベルトを着用しないまま、タングプレート(T字型の金具)をバックル部分に差し込み、シートベルト着用と同じ状態にして警告を解除しているという。

 ・・・・

続きを読む