中国メディア・東方網は5日、長寿で知られる日本人の中でも特に女性が長生きできる理由について掲載した。

 記事はまず、男女問わず日本人の平均寿命が長い秘訣として「国民皆保険制度がある」、「医療のレベルが高い」、「食事の量が少ない」、「海産物を好んで食べる」、「入浴好きである」、「たくさん歩く」、「穏やかな心を保つ」、「年を取っても仕事を続ける」という8つの点を挙げた。

 そのうえで、女性の健康と長寿に貢献しているされる4つの点について紹介。1つめは「性教育がしっかり行われること。小学校4年生くらいで性教育の時間が設けられており、月経や身体の変化に関する知識がレクチャーされること」としている。

 2つめは「妊娠期の体重管理が厳しく行われる。厚生労働省が制定した福祉制度において、妊娠中の女性に対する健康管理指導が設けられている。専門の医師が妊婦の身長、体重を測定し、出産時に許容される体重の範囲を計算する。厳しい管理によって、出産後の女性たちの健康リスクが減らされている」と説明した。

 3つめは「地域で主婦などの女性向けに健康講座や心理カウンセリング、乳がんや子宮がんなどの疾病にかんする交流会といった機会が設けられていること」、4つめは「働く女性に対する健康支援が拡充し続けている点」を挙げている。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)