中国では毎年多くの交通事故が発生していて、交通事故による死者数も非常に多い。それは中国の自動車保有台数が多いだけが理由ではなく、交通ルールを守らないドライバーが非常に多いことが理由と言えるだろう。それだけに中国人から見ると、日本の交通秩序は非常に高く映るようだ。中国メディアの快資訊は1日、「日本の交通秩序には恐ろしさすら感じる」という記事を掲載し、中国と同じ自動車社会であるにもかかわらず、日本では交通死亡事故が非常に少ない理由について考察している。

 記事はまず、日本は交通死亡事故が非常に少ないことを具体的な数字を挙げて紹介している。日本では交通事故による死亡者数が年々減少傾向にあり、死亡率も中国はもちろん、欧米諸国よりも低いことを強調、日本は自動車の登録台数が多く、人口密度も高いにもかかわらず交通死亡事故が少ないのはなぜなのかと疑問を投げかけている。

 その理由として記事はまず、「歩行者が信号を守る」ことを挙げ、日本人の歩行者は信号無視をしたり、信号のない場所で道路を横断したりしないと紹介。逆に中国では、信号を守って道路を横断する人のほうが少ないことを紹介した。確かに中国では信号などあってないようなもので、交通量の多い道路でも車が来ていないと判断すれば勝手に道路を渡る人が多い。

 次に、「日本では歩行者が優先」であることを紹介し、これもしっかりと守られていると紹介。中国では車もバイクも自転車も歩行者も「自分が優先」であり、誰もが我先に先の進もうとするのが現状だ。ほかにも「日本では飲酒運転に対して厳しい罰則がある」ことや、「車道と歩道の区別がしっかりしている」ことを挙げ、これらが日本で交通死亡事故が少ない要因となっていることを紹介した。

 中国では交通事故が多発していて社会問題ともなっている。警察もラッシュ時にはパトロールを強化しているが、ドライバーや歩行者1人ひとりの心がけが交通事故を減らす大きな力となる。1件でも交通死亡事故を減らし、事故で不幸になる人を減らしてもらいたいものだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)