毎年8月になると連日報じられる靖国神社参拝問題。中国は外交カードの1つとして利用しており、日本の首相や閣僚、政治家が参拝することを問題視しているが、「中国人が祀られている」ことも批判しているという。

 中国人にとって非常に敏感な問題である靖国問題と絡め、中国メディアの今日頭条は2月27日、「日本の靖国神社はどうして多くの中国人を祀っているのか」と題する記事を掲載した。
続きを読む