中国メディア・東方網は27日、 東京マラソンで多くの選手が上位に入った日本のマラソン界が強い実力を持っている理由を分析する記事を掲載した。

 記事は、25日に行われた東京マラソンで、日本の設楽悠太が2時間6分11秒の日本新記録でゴールしたほか、10位までに日本選手が6人入り、全員が2時間9分を切っていたと紹介。日本選手の強さが改めて世界に証明されたとしたうえで「大部分の陸上競技で強くない・・・・

続きを読む