中国メディア・今日頭条は27日、日本の小売店舗がネット販売に負けない理由となっている、顧客への思いやりを感じるポイントを紹介する記事を掲載した。

 記事は、「中国では多くの人がネットショッピングを好み、実際の店にいって買い物をする人が相対的に少なくなった。しかし、日本では、休みの日ともなると繁華街の小売店は大盛況。どうして日本の小売店舗はEC経済の打撃を受けないのか」とし、そのポイントを8つ紹介している。

 1つ目は、「サービスが非常に周到」。「客を迎える姿勢、見送る姿勢、質問や問い合わせに対する傾聴が素晴らしい。そして、どの持ち場の従業員もプロの笑顔でサービスを・・・・

続きを読む