日本人にとって米は主食であり、日々の食事において欠かせない食べ物と言える。中国でも米は広く食されているが、麺や餃子も主食とされることがあるため、日本ほど米は食卓において絶対的な地位にないのかもしれない。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本人と中国人の食生活において米は必要不可欠な食べ物であることを強調する一方、日本には中国にはないご飯の食べ方がたくさんあって、なかには中国人から見て奇妙な食べ方もあると伝えている。

 記事は、中国では見られない日本の「奇妙なご飯の食べ方」の例として、まず「卵かけご飯」を挙げ、中国人からすれば鶏卵を生で食べることは「到底信じられない」ことだと強調。しかし、日本では熱々のご飯に生卵をかけ、醤油をかけてかき混ぜて食べるのが美味しい食べ方として市民権を獲得していることを伝えた。

 中国では生卵は一般的に食されることはなく、生卵を食べると「お腹を壊す」というのが中国における認識だ。それゆえ中国では生卵を食べたことがないという人が大半で、日本を訪れた際に宿泊先で生卵が供されても「気味が悪くて食べられない」という人が多い。

 また記事は、中国人にとっては「お茶漬け」も奇妙な食べ方に映ると紹介。お茶は中国から日本に伝わったものであり、中国では日本以上にお茶が広く親しまれているが、確かにご飯にお茶をかけて食べる習慣はないため、奇妙に感じられるのだろう。ご飯をめぐる違いではないが、中国ではペットボトルのお茶は砂糖が入っていてとても甘いものが多い。日本と中国の双方に存在する同じ食べ物や飲み物であっても両国ではさまざまな違いがあって面白い。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)