中国メディア・東方網は27日、終電を逃して翌朝の始発電車が出るまでの時間、家に帰らない日本人は一体何をやっているのか、とする記事を掲載した。

 記事は、「深夜営業の店舗が減り続ける中、さまざまな深夜活動が盛んになっているという。終電を逃し、始発電車を待つ時間には、いったい何が隠れているのだろうか」としたうえで、さまざまな「活動」に参加して深夜から早朝の時間を過ごす人びとを紹介している。

 まずは、昨年8月に渋谷で行われたアイドルグループ「始発待ちアンダーグラウンド」のイベントを紹介。「すでに電車が終わった午前1時より、4人の女性が観衆の前で大きなジェンガをやりなが・・・・

続きを読む