中国では日中関係が悪化するたびに日本製品の大規模な不買運動が行われてきたが、こうした動きは100年前にはすでに行われていたという。中国のネット上では今尚、不買を呼びかける声が存在するものの、日本で買い物を楽しむ訪日中国人や、越境ECで日常的に日本製品を購入している中国人消費者も多く、不買を呼びかけてもほとんど成立していないのが現状だ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国人は100年・・・・

続きを読む