今の世界の自動車市場における流行は、SUVだ。世界最大の自動車市場である中国では特にSUVの人気が強く、SUV車種の販売に力を入れた日系メーカーは昨年軒並み中国市場で好成績を残した。中国メディア・今日頭条は23日、世界のSUV車の燃費ランキングトップ10を紹介する記事を掲載した。

 記事は「燃料代は間違いなく自動車を使う上で最大の消費支出になる。一般的なサラリーマンにとって、自動車を買ううえで燃費の高低は考慮に入れざるを得ない要素だ。それゆえ、燃費の良さが売りになっている日系車が中国国内で売れている」とした。

 また、「日本は島国で資源が乏しいゆえ、エネルギーや材料を最大限利用する文化が育った。日系車がまさにその好例だ。日系車の燃費が良いのは材料をケチって車体を軽くしているからだという『愛国者』がいるが、日系車のミドルクラスやSUV車は決して車体が軽いわけではないのに燃費が良いのだ」と説明している。

 そのうえで、米国で先日発表された世界の低燃費SUVランキングを紹介。ランキングは10位が現代・ツーソン、9位が日産・ローグ、8位がベンツ・GLA、7位がマツダ・CX−3、6位がホンダ・CRV、5位がスバル・クロストレック(XV)となっている。さらに4位はホンダ・HR−V、3位はレクサス・NX、2位はレクサス・RX、1位はトヨタ・RAV−4と、トヨタ系が1−3位を占めた。

 記事は「ランキングを見ると、トップ10のうちなんと8つが日系車であることが分かる。日系車の技術は確かに人びとを敬服させるものである。3位までを独占したトヨタを筆頭に、ホンダ、日産、マツダも顔を揃えている。低燃費で耐久性が高い日本車は素晴らしいが、ぜひ国産ブランドに頑張って欲しい。みんなで応援しようではないか」と評している。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)