中国では急速な都市化が進む一方で「断崖村」と呼ばれる場所で昔ながらの生活を送る人びともいる。中国メディアの今日頭条はこのほど、「なぜこれほど危険で不便に思われる場所に住み続けるのか」として、四川省にある通称「断崖村」を紹介する記事を掲載した。

 中国四川省の阿土列爾村(アトゥラール村)がなぜ「断崖村」と呼ばれるかと言うと、大渓谷にそそり立つ岩壁の中腹にある台地に位置し、海抜1400メートルを越える村に行くためには「垂直の岩肌に作られた梯子を800メートルほど上る」必要があるからだ。こうした地形ゆえに「一歩踏み入れば時代を遡ったかのような」生活が残されており、中国でも最も貧しい地域に数・・・・

続きを読む