アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は21日、1次リーグ2戦目を行い、セレッソ大阪は中国の広州恒大と対戦した。両チームはスコアレスドローに終わったが、中国ではかつて2度にわたってACLを制覇した広州恒大に対して批判の声があがった。

 中国メディアの今日頭条は21日、アウェイのチームにとってドローは悪い結果ではないとしながらも、中国では広州恒大に対して大勝が期待されていたことから「広州恒・・・・

続きを読む