中国では経済発展とともに諸外国の文化に触れる機会が増えており、文化や食生活の西洋化が見られるようになった。また、日本の文化に触れることで日本を好きになる中国人がいる一方で、もっと愛国心を持つべきだと啓発する動きも存在し、中国の街では愛国心を高めようと呼びかけるスローガンを目にすることも多い。

 中国メディアの今日頭条は20日、「国の恥を忘れることがないように」と主張する記事を掲載し、中国人の行動が愛国的かどうかの判断基準になる「言葉」について紹介している。まず記事は、過去に起きた出来事を忘れることはできないとし、「国辱を忘れない」という考え方が日本に対する原則だと主張する一方、時代は・・・・

続きを読む