中国の国内総生産(GDP)は米国に次ぐ世界第2位の規模となり、近い将来に米国を抜いて世界1位となると見られている。中国人自身も改革開放以降に経済が急速な成長を遂げたことは認めており、「中国人の生活の質は天地が逆転するほどの変化を遂げた」という声は多い。

 だが、2016年における中国の1人当たりGDPは世界銀行のデータでは世界74位にとどまっており、この順位は中国人としてはなかなか納得で・・・・

続きを読む