中国では日本製品の品質を評価し、ものづくりに携わる日本人の職人気質を「匠の精神」と表現するが、最近はその評価を揺るがす日本企業の不祥事が立て続けに発生し、中国における評価の内容にも変化が見られるようになった。中国メディアの騰訊はこのほど、「頻発する日本企業の不祥事を受け、中国は今なお日本の匠の精神を学ぶ必要はあるのだろうか」と疑問を投げかける記事を掲載した。

 記事は、日本を代表するメー・・・・

続きを読む