平昌五輪フィギュアスケート男子シングルで、負傷明けだった日本の羽生結弦選手が劇的な連覇を果たし、日本勢に今大会初の金メダルをもたらした。開催国の韓国もすでに2つの金メダルを獲得しているが、中国はこれまで「『金』狙い」の種目をことごとく外す悲運に見舞われている。中国メディア・鳳凰網は17日、「日本と韓国にはるか先を行かれた」と伝えた。

 記事は、17日のフィギュアスケート男子シングルで羽生・・・・

続きを読む