中国メディア・東方網は16日、日本の協力を得て高速鉄道建設の技術を高めようとするインド政府に対して「中国のマネをするには早すぎる」とする記事を掲載した。

 記事は「中国が高速鉄道分野で最初にとった戦略は、市場を提供して技術を供与してもらうことだった。現在、この計画は一定の成果を見せており、実用的な性能という点ではすでに日本や欧州を完全に追い抜いた。そんななか、中国をライバルとみなしている・・・・

続きを読む