中国では多くの若者が日本のアニメを見て育っており、2016年12月に中国で公開された「君の名は。」が大ヒットしたのも記憶に新しい。しかし、日本アニメが高い人気を誇る一方で、日本のアニメを見る人に「売国奴」のレッテルを貼る人も少なからずいるようだ。

 中国メディアの今日頭条は13日、「日本のアニメを見ることは国を愛していないことなのか」と題して、なぜ一部の中国人は日本のアニメを見ることと愛・・・・

続きを読む