食習慣の多様化により、パンやパスタなど日本人の主食も多様化した。しかしそれでも、日本人にとって不動の主食が白いご飯であることには変わりない。中国メディア・今日頭条は8日、「どうして日本人は、何でもかんでも食べ物に米飯を添えるのか 真相は実に簡単なものだった」とする記事を掲載した。

 記事は、中国でも人気のある日本のグルメドラマ「孤独のグルメ」において、主人公の井之頭五郎がどんな食べ物でも白いご飯と一緒に食べる傾向が見て取れると紹介。「ギョウザにしてもラーメンにしてもご飯が一緒。この組み合わせは、多くの中国人が理解に苦しむはずだ」としている。

 また、「日本語には、・・・・

続きを読む