中国メディア・今日頭条は13日、「マレーシアの街と日本の街を見比べて、日本の街に怖さを感じた」とする記事を掲載した。簡単に言ってしまえば、その「怖さ」とは「あまり人間味を感じない」ということのようだ。

 記事はまず、マレーシアの街について紹介「マレーシアは気楽である。クアラルンプールでは地下鉄やビルの前など至るところでセルカ棒を持って自撮りしている人たちを見かける。まるでセルカ棒がマレーシア人によって発明されたかのようである。そして、彼らは一家総出で外出することを好む。多い時には十数人が一団となって自撮りするのだ。彼らは天真爛漫な子どものようだ。また、彼らの身なりも非常に個性的であり・・・・

続きを読む