本格的な中華料理店に行くと必ず見かけるのが、2段式になっている円卓。上の部分は回転式になっていて、その都度回転させることによって、全員が全ての料理に手を着けることができるという優れものである。中国のレストランにも当然使われているのだが、この回転テーブルは1930年代に日本で発明されたのだという。

 中国メディア・東方頭条は8日、「日本人は中華料理を食べるために、わざわざこんなテーブルを発・・・・

続きを読む