日本人にとってウーロン茶は「茶色い飲み物」である。そんな日本人の多くは、初めて本場中国のウーロン茶の色を見た時に「これ、本当にウーロン茶なの?」と驚く。なぜなら、中国のウーロン茶は黄金色だからだ。ともにお茶を飲む習慣がある日本と中国だが、両者には大きな違いがたくさん存在するのである。

 中国メディア・今日頭条は5日、日本の緑茶と中国の緑茶を比較する記事を掲載した。記事は、同じお茶の木から取れる茶葉を使った飲み物でも、日本と中国では異なる点が多々あるとし、日中両国のお茶を8つのポイントから比較してそれぞれの長所を紹介している。

 歴史の面では、緑茶の起源とされ500・・・・

続きを読む