中国では「日本は再び軍事大国になることを目指している」という論調が多く見られる。日本の防衛費が年々増加し、米国から最新の戦闘機を導入するなど「防衛の範疇を超えた動き」を見せているというのがその根拠のようだ。

 日本の国防に対して過度な反応を見せる中国だが、中国メディアの今日頭条はこのほど、優れた兵器をいくら導入しても日本は軍事大国になることはできないと伝え、なぜなら日本には「致命的な問題があるため」だと主張している。

 記事は、日本は米国から最新のステルス戦闘機「F35A」を導入し、さらには、いずも型ヘリ護衛艦を空母に改修する可能性まで浮上していると主張。これが実・・・・

続きを読む