中国メディア・今日頭条は6日、中国のネット上でしばしば話題になる日本のトイレとゴミ分別から中国社会が学ぶ取るべき点について解説する記事を掲載した。

 記事はまず、日本のトイレから学ぶべき点について紹介。「日本の水洗トイレは、手を洗う部分と便器が一体化している。手を洗った水をタンクに貯めておき、次に便器の中身を流す際に二次利用できるのだ。このちょっとした設計が、毎年日本に想像を絶するほどの水資源の節約をもたらしているのである」とした。

 そして「中国はこれまで水の節約を呼びかけ続けてきたが、自発的な意識に任せて節水を実現するというのは、特に中国では極めて困難な話だ。・・・・

続きを読む