アジア圏でも特にアイドルカルチャーへの関心が高い、タイ・バンコクで「TOKYO IDOL FESTIVAL in BANGKOK COMIC CON」の4月開催が決定した。「TOKYO IDOL FESTIVAL」(TIF)として初めての海外進出になる。AKB48姉妹グループであるBNK48をはじめ、日本からは、アキシブproject・まねきケチャ・愛乙女☆DOLLの出演が決定している。

 「TOKYO IDOL FESTIVAL in BANGKOK COMIC CON」は、タイ・バンコクのサイアムパラゴン内ロイヤルパラゴンホールで、4月27日から29日まで3日間開催する。BANGKOK COMIC CONは、アニメ・漫画・映画・ゲーム関連の展示販売を行うタイの一大ポップカルチャーイベントで、今年は、「BANGKOK COMIC CON(6.7万人集客)」と「THAILAND COMIC CON」(7万人集客)が初めて共催する、画期的かつ最大規模のイベントとなる予定。

 TIFは、2017年8月に223組のアイドルグループが出演し、8万人を超える来場者数を記録した世界最大のアイドルフェスとして知られている。

 タイでのイベントのホスト役となるBNK48を代表し、日本人メンバーの伊豆田莉奈は、「今回このイベントに初めてBNK48も出演するので、とても緊張していますが、沢山の他のアイドルグループの方と共演できるのもすごく楽しみです」と意気込みを語っている。

 また、BNK48運営会社であるBNK48 OFFICEのジラ社長は、「タイではアイドル文化が勃興し始めたばかりと言えます。これからBANGKOK COMIC CONとTOKYO IDOL FESTIVAL と組むことにより、我々はタイ、そして東南アジアでアイドル文化を発展させるための土台を構築したいと考えています」と、TIFのアジア進出を歓迎した。

 イベントの詳細は、特設サイトにて随時、発表される予定。また、日本のファン向けに、ファンミーティング付きパッケージツアーも企画されている。(写真は、タイ・バンコクで開催された記者会見の様子。前列左から、BNK48のMiori(大久保美織)、Pun、Music、Cherprang、Jennis、Izurina(伊豆田莉奈)。後列左がBNK48 OFFICEのジラ社長。(C)TOKYO IDOL FESTIVAL 2018)