警察庁のデータによると、昨年1年間の日本における交通事故死亡者数は3694人で、統計が残る1948年以降で最も少ない記録となった。一方で、中国では交通死亡事故発生率が依然として高い水準にあるという。中国メディア・今日頭条は3日、「どうして中国の交通死亡事故発生率は10年連続で世界最悪なのか」とする記事を掲載した。

 記事は、「わが国は世界の自動車の3%を保有する一方で、交通事故死者数の1・・・・

続きを読む