日本は非核三原則核を厳守しているが、中国は日本を核兵器保有国になる可能性があるして警戒しているようだ。中国メディアの今日頭条は3日、日本が中国、英国、フランスを超えて「第3の核強国」となる可能性について分析する記事を掲載した。

 現在、核兵器を所有していない日本が、どうして核の強国になるかもしれないのだろうか。その理由は、核兵器の材料にもなるプルトニウムを多く所有していることにあるという。これは、再利用を目指して原発の使用済み核燃料から取り出された核物質だが、再利用が思うように進まずたまり続けたもので、すでに47トン、原爆6000発分があると言われている。記事は、この量は中国、英国、・・・・

続きを読む