世界各国で大きな注目を集める「第4次産業革命」の主役となるのは人工知能(AI)やロボットであり、日本や米国、中国などで開発競争が進行中だ。日本であれば、ロボットは労働力減少を補う役割が期待されていて、介護分野などでの活用が予測されている。

 中国でもロボットの開発などは行われているが、特殊な分野のロボット開発を通じて大きな富を得た中国人がいるという。中国メディアの今日頭条は2日、ロボット開発に参入する人は数多く存在し、多種多様なロボットが生み出されているが、中国の特殊なニーズを汲み取るという点では、中国の農民が開発したロボットには「敵わない」と伝えた。

 記事が紹・・・・

続きを読む