中国メディア・光明網は2日、「719ページにわたり数字しか印刷されていない本が、日本で品切れになるほど売れている」とする記事を掲載した。

 記事は「近ごろ、『2017年最大の素数』という書籍が、日本のAmazonの数学分野販売ランキングで1位を獲得した。しかし、約3センチ2ミリの厚さがあるこの本の大部分、いや、全719ページには数字の羅列しか印刷されていないのである」と紹介した。

 

 紹介されたのは、東京・新宿にある出版社虹色社(なないろしゃ)が先月13日に出版したばかりの「2017年最大の素数」という本。本にはタイトル通り2017年末現在で発見され・・・・

続きを読む