中国では連日のように抗日ドラマがテレビで放送されているが、近年はその内容が荒唐無稽であるとして批判の声が高まっている。日本兵を手刀で切り裂いたり、手榴弾で戦闘機を撃墜したりなど、現実的にありえない描写のほか、抗日ドラマで描く時代には存在しなかった武器などが登場し、あまりの荒唐無稽ぶりに中国では抗日ドラマを「抗日神劇」と揶揄(やゆ)する風潮もある。

 日本では「抗日神劇」のめちゃくちゃな描写に対して憤りを示すような人はほとんどいないが、それは、中国人にとっては不可解なことのようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本人はなぜ抗日神劇を批判したり、抗議したりしないのか」と疑問を投げか・・・・

続きを読む