今年は日中平和友好条約締結40周年にあたり、日中両国政府はこれをきっかけとして関係改善に乗り出している。中国メディア・今日頭条は30日、「どうして日本が嫌いなのか。侵略戦争がなかったとしても嫌いなのか」とする文章を掲載した。

 文章は「どうして多くの人が日本のことを嫌いなのか。この問題については多くの人が躊躇なく、日本人はかつてわれわれを侵略したからだと答えるだろう。では、侵略の歴史がなかったら、それでもわれわれは日本が嫌いだっただろうか。中国人が嫌悪しているのは、日本国民ではなく、日本の政治ではないのか。侵略戦争や日本の政治的な主張、政治家を理由に日本の全てを、そして、日本の歴史を・・・・

続きを読む