東京圏を中心に、日本各地で不動産物件を購入する中国の富裕層が増えている。彼らにとって、不動産を購入するというのはどんな意味を持つのだろうか。中国メディア・今日頭条は1月31日、「中国人はどうして日本の不動産を一気呵成に購入したがるのか」とする記事を掲載した。

 記事は、「多くの中国人が日本での不動産購入を選択している。中国の不動産情報サイト・房天下が発表した2016年の報告では、日本が中国人にとって4番目の海外不動産購入ターゲット国になっているのだ」と紹介。日本のある不動産仲介業者が「新しい物件情報を出すと、わずか5分で中国人が買ってしまう。彼らの大部分は物件の下見に来ることなく、場・・・・

続きを読む