中国メディア・今日頭条は29日、日本で就労する外国人労働者が127万人あまりに達し、そのうち中国人が約30%を占めたとする記事を掲載した。

 記事は、厚生労働省が26日に発表したデータで、昨年10月現在で日本で働く外国人労働者数が127万8670人と前年より19万4901人、18%増加して過去最高を記録したと紹介。人手不足の企業が積極的に外国人を受け入れており、外国人労働者数は増え続けていると伝えた。

 また、国籍別では中国が同8%増の37万2263人で全体の29%を占めたと説明。次に多かったのはベトナムの24万259人で同40%増と大きく増えたが、その背景として・・・・

続きを読む