中国メディア・今日頭条は18日、「中国人観光客はますます日本旅行を好む傾向にあるが、日本人は気分を害し始めている」とする記事を掲載した。

 記事は、「2017年の訪日中国人観光客数はのべ1000万人に達し、ここ数年での最高記録を更新したという。道理から言えば、たくさんの人がやって来てお金を落としてくれるというのは日本人にとっては喜ばしいことのはずなのだが、日本人はそう思っていないようだ。あまりに多い観光客に気分を害しているのである」とした。

 そして、その背景について「中国人観光客がこぞって訪れる店では常に品切れが起きている。それが彼らの機嫌を損ねることにつながっ・・・・

続きを読む