中国メディア・今日頭条は28日、「極めて厳しくまじめな日本の建築現場」としたうえで、日本の建設現場の様子を紹介する記事を掲載した。

 記事は「建設業は日本の国民経済を支える柱となる産業の1つ。激しい業界競争により、日本の建設企業はその運営モデル、施工技術などで研究と改善を進め、ローコストで効率を高めるともに、エネルギーの節約、環境保護を実現している」とした。

 そして、「日本の建設現場に入って最も強く感じるのは、清潔であること。建物の内においても外においてもほとんど土砂や粉塵を見かけない。現場の配置は合理的で、通路もしっかり確保されているほか、大型機器もしっかり秩・・・・

続きを読む