終身雇用制が崩壊し、日本では転職はごく一般的なものとなった。より良い待遇やキャリアアップを目指して転職することは何ら珍しいことではなくなったが、労働市場の流動性という点では中国はおそらく日本を大きく上回っているだろう。

 中国では労働者の権利が日本ほど保護されていないという事情もあるが、急に解雇されたり、逆に、労働者が急に会社を辞めてしまうというのは特に珍しいことではない。まもなく訪れる春節(旧正月)では多くの中国人が故郷に帰るが、帰ったきりそのまま音信不通になる労働者も多いとされる。

 それだけに中国人から見ると日本人はあまり転職しない国民性に見えるという。中国メディアの今日頭条はこのほど、中国では社員や労働者の立場は不安定であり、転職は「日常茶飯事」であると指摘する一方、日本人は中国人ほど職を頻繁に変えないと伝え、その理由を考察している。

 記事によれば、中国では2ー3年に1度転職するのは普通のことで、なかには1年に複数回転職する人も少なくないという。日本でも転職は何ら珍しいことではなくなったが、さすがに1年に複数回転職する人は少ないだろう。

 記事は、日本人が中国人のように転職を繰り返さない理由として、日本では今でも多くの企業が年功序列制を採用していて、年齢や雇用期間の長さが給与に反映される場合が多いためだと指摘。さらに、日本では同じ職種であれば中国ほど給与に大きな差が生じないほか、転職しても必ずしも給与がアップするかどうかは不明であることを紹介し、それゆえ日本では同じ会社に長く勤めることで給与を上げていくことを選択する人も多いと伝え、これが日本人が中国人ほど頻繁に転職しない理由だと考察している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)