台湾メディア・中国時報電子版は27日、昨年日本を訪れた台湾人観光客数が約456万人と過去最高を記録したことが明らかになったと報じた。

 記事は、日本政府観光局が先日発表した昨年の訪日外国人観光客数が2869万人と前年比19.3%増加し、過去最高となったことを紹介したうえで、訪日台湾人観光客数も前年より39万6588人多い、456万4100人を記録したことを伝えた。また、単月では7月に44万6604人を記録したとしている。

 そのうえで、同局が訪日台湾人観光客増加の背景について分析し、3つの要因を示したと紹介。1つめは「トランスアジア航空の消滅、度重なる台風の襲撃に・・・・

続きを読む